考察:乃木坂46 山下美月卒業コンサートDay2 2024/5/12

1.全体の感想

美月さん卒業おめでとう!

思えばあなたは本当に不思議な存在だった
ステージ上では誰よりもキラキラ下アイドルだった
それとは別になんか今にも折れてしまいそうな危うい魅力もあって、本当に目を離せなかった
結果山下美月という存在を通して、色々なことを考えさせられた
(実際に当ブログで個別メンバーについて触れた回数が一番多いのは実は彼女であった)
思い入れのあまり喪失感が強すぎて、なにからブログに書いていけばよいのか本当にわからない…

それでも伝えたいことはすべて久保ちゃんが言っていたこの言葉に尽きると思う
「乃木坂46を選んでくれてありがとう」

ここからはいつものようにポイントを絞って考察していきたい
(冒頭でも触れたように喪失感が大きすぎるので、思考がまとまるか一抹の不安があるが…)
ちなみにDay1の考察はこちらから
・考察:乃木坂46 山下美月卒業コンサートDay1 2024/5/11

2.セットリスト

こちらのサイトをご参照ください

昨日のカオスから一転、今回は卒コンらしいセトリだったと思う
王道楽曲が揃う中、『何もできずにそばにいる』は比較的レアでメッセージ性強かったと思う
(3期生が円になって互いを励ましあうような演出は良かったですね!)
『初恋ドア』はまさかだったけど、納得の選曲

全体通してファンサイドも悔いなく送り出せるセトリだったのではないか

3.振り返りポイント

①王道中の王道卒コン

今回のライブは王道中の王道の卒コンだったと思う
奇をてらった演出は全くと言っていいほどなく、メンバーの関係性や曲のメッセージ性に焦点を当てる構成だった
個人的にはもう少しVTR演出でアシストしても良いのではないかという気持ちはなくはないが、十分見せ場はあったので満足感は高かった

②山下美月と後輩

今回のライブでとにかく印象に残ったのは美月ちゃんとメンバーの関係性であった
特に印象に残ったものを振り返っていきたい

この2日間(特に今日)、美月ちゃんって本当に後輩のことをよく見てるよなあと思った
特に印象深かったのはこのあたりでしょうか

  • てれぱん誕生日に『心にもないこと』を持ってくるのは流石。そのあとに抱負を求められたてれぱんが瞬時に『美月さんのようなキラキラアイドルになります!』と返したのも流石。
  • みーきゅんを普段割と雑に扱っているのに、最後のメッセージのところはへらへらモードのとこもちゃんと聞いて真剣な思いを引き出したのは流石。ヘラヘラの皮を被っているのに中身が意外と熱いあたりこの二人は根っこの部分でかなり似ているように思う。
  • かっきーが最後のメッセージで「美月さんにご飯に連れていってもらって、『私が卒業しても頑張れる?』と聞かれたときに『はい』と回答できなかったのを後悔している」と話していた。やり取り中に『はい』とかっきーが言えるタイミングを何回か逃していたと思うんだけど、何度もチャンスを作って最終的に「はい」とかっきーに答えさせたあたり優しいなあと。一方で「誰かの希望になりたい」とアイドルになった美月ちゃんに、「私の希望でした」と伝えるかっきーもかなり優しい。

③山下美月と久保史緒里

この二人の互いに対する信頼感は本当にグッときた
そして山下美月に伝えるべきことは久保ちゃんが全部言ってくれたように思う

まずは冒頭の「乃木坂46を選んでくれてありがとう」という言葉
久保ちゃんは後述するが、本当に山下美月というアイドルをかっている節があると思う
そのどこにいってもドラフト1位で指名されるような最強の人材が乃木坂を選んでくれたことには対する感謝が口に出たのだろうが、これは本当に我々が思っていたことそのままであろう

そして「横に並べるだけでうれしい、最高のアイドルでした」と彼女のことを評している
この言葉実は似たようなことを美月ちゃんも初期から答えているのである

私にとっては憧れの気持ちが強くて、自分が持ちたくても持てないものを全て持っている人。

でもそれをしーちゃんに伝えると同じ答えが返ってきます。

きっと私たちはお互いのことを1番アイドルとして意識しているし、同じようなプレッシャーを感じている気がします。

だからこそ2人でもっと高め合っていけるような関係になりたい。

なんか照れくさくてその時ははっきり言えなかったけれど

あなたと一緒に乃木坂に入れて良かったです。

きっと乃木坂に入っていなかったら出会うこともなかったよね。

くぼしーの隣が似合う人間になれるよう頑張るズラ!

(しーちゃんが語尾にズラをつけていて面白かった)

https://www.nogizaka46.com/s/n46/diary/detail/38522?ima=5117&cd=MEMBER

このまままっすぐ二人で高めあって7年半来たのが本当に素敵だなあと思う

④山下美月と伊藤理々杏

個人的には一番気持ちが揺さぶられたのがりりあちゃんのメッセージである

山下美月というアイドルはまばゆさと、一方で人間としての危うさを併せ持っているのが個人的には最も引き付けられるポイントなのだと思う
そしてそれを誰よりも生々しく感じているのがりりあちゃんなのではないか
美月ちゃんがアイドル人生を終えることを本当に悲しんでいるのだが、一方でもう解放してあげられるという安堵の気持ちにも似た感情が混じっていたように感じたのは私だけだろうか

かなり感情が持っていかれたのでうまく文章化できていない気がするが、山下美月というアイドルが持つ悪魔的な魅力を再認識できたように思う

⑤山下美月と『チャンスは平等』

『チャンスは平等』、美月ちゃんの卒業曲としてそんなに評価されていないんだけど私は結構好きである
というのも以下の記事に詳しいが、この『チャンスは平等』という世界観は山下美月が望んだものとしか思えないからである
・考察:乃木坂46 12th YEAR BIRTHDAY LIVE (12thバスラ)Day4 2024/3/10

実際今回のライブでもこの世界観を作り上げようとしているなあと感じた箇所は少なくなかった

  • 不遇とも言われがちな新4期生に対し『初恋ドア』ユニットで見どころを作る
  • 舞台の都合で途中参加となってしまうゆなちゃんに対し、センター曲で見せ場を作る
  • そして『図書室の君へ』。さあちゃん推しとして本当に嬉しかった。

乃木坂の船長としての役目を最後まで全うしてくれたことに頭が上がらない

⑥三期生の航海の終わりとその評価

Day1の冒頭でも述べたが、このライブこそが3期生のストーリーの最終章でありここからはエピローグに入っていくものなのだろうと思っている
このストーリーの終わりとしての評価は非常に難しい

長くもなりそうなので、ここで筆を置き別記事で扱わせていただきたい

考察:乃木坂46 山下美月卒業コンサートDay1 2024/5/11

1.全体の感想

ついにこの日が来てしまった

私は2期生推しだが、2期が全員卒業を迎えた今一番熱量をもって見られるアイドルは乃木坂3期生である
バスラDay4の考察でまとめたが、その航海の終着地点がこの2日間であろう
・考察:乃木坂46 12th YEAR BIRTHDAY LIVE (12thバスラ)Day4 2024/3/10
そんな感じでかなりの寂しさをもって初日を迎えた

…はずだったのだが、なんだこれ笑
始まったらすぐに寂しさなんて吹っ飛び、正直ここ最近のライブで一番ハッピーで楽しいライブだったと思う

ここからはいつものようにポイントを絞って考察していきたい

2.セットリスト

こちらのサイトをご参照ください

卒コンらしいしんみり感は一ミリもなく、楽しくて盛り上がるライブだった
それどころか軍団ブロックあたりはカオスに近い…笑

3.振り返りポイント

①卒コン初日の正解

2日以上の卒コンにおける、初日に正解の形があるとしたら今回のライブがそれなのではないか

最終日ではないので基本的には楽しいライブであるべきだと思うのだが、ただただ楽しいだけでなくそのメンバーらしさを感じられるとなお良いと思う
ひとつひとつのポイントは後述するが随所に山下美月らしさ散りばめられていて、今日のライブは山下美月及び演出サイドの大勝利と言っていいと思う

②軍団ブロック~まさかの伏線回収

そのなかでも今日特筆すべきなのは軍団ブロックだろう
『失恋お掃除人』は当然やると思っていたが、まさか『白米様』『二度目のキスから』までやるとは思わなかった
しかも歴史系番組風のVTRで軍団構想を紹介し、壮大な茶番に仕立ててくるとは…笑

しかしこの軍団ブロックは壮大な伏線回収となっていることに震えた
話は乃木中の3期生バレンタイン企画にさかのぼる
美月がいくちゃんやかずみんに軍団結成を持ちかけて結成したら兼任すると話したというエピソードが披露され、しまいには設楽さんに「最終的に自分の軍団にしようとしている」とまで言われる始末であった

そこから6年以上の月日が流れ、まさか本当に軍団を兼任し最終的に自分の軍団を結成する日が来るとは…
しょうもないけど綺麗な伏線回収で、愛に溢れた最高の演出だと思う

③山下美月のアイドル道について

軍団ブロック以外にもうさ耳やヤマ&バニーなど、今日は演出で盛り上がることが多かったように思う
あとは恒例になりつつある期別+卒業生のブロックもVTRを前につけることで新鮮な気持ちで見ることができて、総じて見ているファンのことが考えられた演出だなあと思った

これは思えば山下美月が辿ってきたアイドル道そのものなのではないか
正直歌もダンスも抜群とまではいかないと思うのだが、見ているものを楽しませるということを常に考えてくれていたアイドルだったと思う
この姿勢においては右に出る者はいないと言い切れるくらいなのではないか

実際に以下の初期の3期生リレーブログにもあるように、見てくれているファンのためにという思いがかなり強いように思う

1人でも応援してくださる方がいるのであれば、その方の為に全力でアイドルを努めるのが今の私の全てです。

これが私にとっての幸せであり責任。

自分の居場所はそこにあるんだと思えます。

https://www.nogizaka46.com/s/n46/diary/detail/40567?ima=2111&cd=MEMBER

このファンを思い、楽しませようとする自己プロデュース力こそがアイドル山下美月の真髄なのではないか

④『恋山病』

そのファンを楽しませようとする姿勢が極まった結果、まさかの卒コンで自作の新曲をぶつけてくるとは…!
あまり乃木坂にない王道ラブコメのテーマソングみたいな感じで、結構癖になる曲だった

余談だが、私も「やま」と呼ばれることがあるので大変この曲むずがゆい…笑

考察:乃木坂46 3期生お見立て会 2016/12/10

1.全体の感想

先日のバスラDay4を通して、3期生の物語が終焉に近づきあることを悟り言いようのない寂しさを感じた
そこで集大成となるであろう山下美月卒業コンサートに向けて3期生の歴史をのぎ動画を使いつつ、振り返っていきたい

なおきっかけとなったバスラDay4の記事はこちらから
・考察:乃木坂46 12th YEAR BIRTHDAY LIVE (12thバスラ)Day4 2024/3/10

まずは3期生お見立て会から振り返っていく
のぎ動画で視聴しているのでリアルタイムではないことはご了承いただきたい

2.セットリスト

自己紹介・運動能力テストののち、以下の楽曲が披露された
M01.命は美しい
M02.裸足でSummer
M03.ガールズルール

クール系・可愛い系・最強夏楽曲と難易度にかかわらずライブで盛り上がりそうな曲を盛り込んだ構成だった

3.振り返りポイント

①1期生を継ぐことを宿命づけられたものたち

改めて彼女たちの歴史を振り返るとこの日から1期生を継ぐことを宿命づけられていたんだなと思った

ライブパートのVTRで1期生のアイドルとしての成功に重ね合わせる形で、3期生の姿が位置付けられていた
当時はアイドルの世代交代という概念に懐疑的だったこともあり大して意識せずに見ていたが、9thバスラ3期生ライブの記事でも触れたように本当にそれを成し遂げてしまうんだからすごい人たちだよなあ

・2021/05/09 乃木坂46 9th YEAR BIRTHDAY LIVE 3期生ライブ

②現在から振り返る

8年のときが経ってから振り返ると、どうしても思うことが出てくるシーンがあった

  • 久保ちゃんの自己紹介時にどうしても前髪に目が行ってしまう。「ちぎった?」という悪意満載の山下の発言と、れんたんの爆笑、梅の「悪いぞこいつ」という突っ込みがよぎる…笑
  • 運動能力テストで側転の点数を尋ねられ、6点と異常に低い点数をつける久保ちゃん。まさかその7年後に写真集の点数を「交差点」と答えるとは…。
  • 葉月がいつか『渋谷ブルース』のギターを弾きたいと答えていた。もはや今となってはなくてはならない存在なのちょっとグッときた。
  • 美月が最後の締めで「月に代わってお仕置きよ!」と言っていたが、まさか本当に演じることになるとは…!
  • 久保ちゃんは自己紹介で『塔の上のラプンツェル』の歌を披露していたが、びっくりするくらい声が出ていない。今やミュージカル女優のれのちゃんもドレミの歌の替え歌を歌っていたが、音程が不安定で驚いた。そんな二人が歌声で人々を魅了しているなんて…。彼女たちの努力の跡が垣間見えた。

ちなみに3期生が2022年の46時間TV内で公式に振り返っている動画がのぎ動画にあるが、3期生の空気感が伝わり傑作なので是非こちらも見ていただきたい
・3期生お見立て会を振り返ろう!

考察:乃木坂46 12th YEAR BIRTHDAY LIVE (12thバスラ)Day1 2024/3/7

1.全体の感想

Day1についてあまり深く追えなかったので、リピート配信を見て改めて考察してみた
とはいえほぼ考察ポイントはなかったように思うので、本当にさらっと振り返っていきたい

Day2、Day3、Day4の記事はこちらから
・考察:乃木坂46 12th YEAR BIRTHDAY LIVE (12thバスラ)Day2 2024/3/8
・考察:乃木坂46 12th YEAR BIRTHDAY LIVE (12thバスラ)Day3 2024/3/9
・考察:乃木坂46 12th YEAR BIRTHDAY LIVE (12thバスラ)Day4 2024/3/10

2.セットリスト

こちらのサイトをご参照ください
2011-2014年の楽曲で構成されたセトリだったが、割とライブでよくやる曲が多かったのもありそれほど懐かしさはなかった
むしろこれらの曲が10年以上前の楽曲であることに震える…

3.振り返りポイント

①4日間でひとつのBIRTHDAY LIVE

アンコール後最後のMCで梅がこのような趣旨の発言をしていた

この発言がどこまで意図を持ったものかは定かではないが、まさにその通りでDay4のエンドロールを見ることで初めてバスラらしさを感じるのだろう
特にDay1は目立った演出もなかったので、ややもすると普通の楽しいライブだったという感想となってしまう

個人的にはもう少しそれぞれの日にテーマを設けても良かったように思うが、いかがだろうか

②全体ライブとアンダーライブ

バスラ全体を通して思ったことだが、全体ライブとアンダーライブの性質がだんだん近づいてきているように思う

かつてはVTRや演出でメッセージ性を高めた全体ライブと、パフォーマンスで魅せるアンダーライブと明確にすみわけがあったように思う
しかしここ1年くらいで全体ライブからメッセージ性が薄まり、その代わりに生歌やダンストラックなどが入ってくるようになったように思う
アンダーライブも選抜登竜門という位置づけから変わってきたことで、かつての悔しさ爆発という感じからパフォーマンスショーになってきている印象がある
これらの結果、どんどんこの2つが近い性質になってきているように思う

個人的な好みとしては、全体ライブのメッセージ性が失われるのは悲しい
(こんな演出考察のブログやってるくらいなので…)
バスラを通して思ったが、アイドルとりわけ乃木坂の曲の価値はやはり過去のライブの光景と結びついていることだと思う

  • 緑のペンライトに囲まれ、『サヨナラの意味』をバックに天井に消えて伝説となったななみんの姿
  • 東京ドームで『きっかけ』で花道に集まり、まりか・ひめたんを送り出す1期生たちの涙
  • 神宮『裸足でSummer』センターで叫んだときにセンターとして殻を破った飛鳥ちゃんの姿

これらの美しい光景が生まれたのは少なからず演出でメッセージ性を高めたからだと思っている
次回の美月の卒コンは三期生のアイドルとしての集大成でもあるので、これらに負けない美しい演出を見ることを期待して筆を置きたい

改めて読み返すと若干ネガティブなこと書きすぎたかなと思わないではない…
普通に楽しいライブだったんだけどね、期待の裏返しということで

考察:乃木坂46 12th YEAR BIRTHDAY LIVE (12thバスラ)Day4 2024/3/10

1.全体の感想

楽曲の年代が現在に近づいてきたが、意外と乃木坂の歴史を感じるというテーマと合致した良いバスラだったように思う
いつものようにポイントを絞って考察していきたい

Day2、Day3の記事はこちらから
・考察:乃木坂46 12th YEAR BIRTHDAY LIVE (12thバスラ)Day2 2024/3/8
・考察:乃木坂46 12th YEAR BIRTHDAY LIVE (12thバスラ)Day3 2024/3/9

2.セットリスト

こちらのサイトをご参照ください
今日は2021年以降の楽曲で構成されたセトリで、昨日同様盛り上がる曲中心の楽しいセトリだったように思う
欲を言えば最近披露された楽曲がどうしても多くなるので、もう少しバスラならではのマニアック楽曲が入ってきてほしい感じはした

3.振り返りポイント

①5期生ブロックについて

Day2の3期生ブロック、Day3の4期生ブロックに続いて、Day4は5期生ブロックが設けられた

相変わらずスーパーアイドルだなとは思うが、正直そこまで感想はない…笑
というのも『新参者』『超・乃木坂スター誕生!LIVE』と直近で立て続けに5期生のライブ見てるから、どうしても目新しさはなくなってしまう
大変楽しかったので不満はないけど、演出がもう一捻りあったほうが新鮮だったかもしれない

②飛鳥の子たち

『ここにはないもの』の歌唱メンバーが大変グッときた
センターのさくちゃんはもちろん、れんたん・りりあ・れのちゃん・まゆたん・あーやと飛鳥を慕って乃木坂にやってきたメンバーたちだったのには愛を感じた

こういった意義あるメンバー選出は今後も是非やっていってほしい

③3期生の円熟~山下美月卒業の必然

今日の『僕が手を叩く方へ』に限らず4日間を通して感じたことではあるが、3期生に流れる空気感がこの1年間で大幅に変化したように思う

思えば昨年のバスラではどっかにぶっ飛んでいってしまうのではないかと感じるくらいの熱量と激しさが前面に出ていた
そして常にその先頭に立ってきたのが、目バキ船長・山下美月である

しかしこのバスラで三期生が見せた姿は昨年までとかなり異なり、ある種の余裕や円熟味すら感じたように思う
きっと神宮4日間や世代交代などの困難を乗り越えたためだろう
パワーや若さに溢れたアイドルから大人のエンターテイナー集団に今生まれ変わろうとしているように見えた

この大人の集団には荒波に突っ込んでいく船長は少々オーバースペックである
そう考えると3期生の集団において、山下美月は役割を終えたのかもしれないと思った
そしてこれは乃木坂に憧れて、名実ともにその一員となり、次世代につないだ3期の物語の終わりを意味する
推しメンを除くと個人的に誰よりも山下美月の卒業の喪失感が大きかったのだが、大好きな3期生がアイドルとして寿命を迎えたこととイコールで解釈できるからなのではないかと思ったりしている
こうなるといよいよ3期生の航海の終着点である山下美月卒業コンサートが気になってくる

ちなみに余談だが、この円熟の流れは1期生でみた流れと非常に近いように思う
ちょうど以下の9thバスラ考察記事に同趣旨の記載があるが、当時の1期と似た空気感が現在の3期生にはあるように思う
・2021/03/29 乃木坂46 9th YEAR BIRTHDAY LIVE 1期生ライブ

④『チャンスは平等』

その美月の卒業シングルが『チャンスは平等』だった

曲調についてはかなり賛否ありそうなディスコテイストだったが、そこは特に触れない
というのもタイトルにもある『チャンスは平等』というテーマについての方が興味深いと思うからだ

乃木坂46『チャンスは平等』

明日以降かなりの数目にする表現だと思うのだが、みなさんにはどう見えるのだろうか
私はぱっと見結構残酷なタイトルにも見える
どうしても大人数アイドルには選抜制度がついて回るが、その選出についてはある程度恣意性が介在せざるを得ない以上平等とは言い難く、きっとその辛酸をなめているメンバーも少なからずいるんじゃないかと思ったりする
そこに『チャンスは平等』というタイトルを持ってくるか?と思わないではない

それでも好意的に解釈をするのであれば、この楽曲は山下美月が望んだ世界なのではないかと思う
本編最後のMCで印象深かったのは乃木坂を「理不尽な世界の中で、優しい気持ちにさせてくれる場所」と評していたことだった
選抜・アンダー関係なく多くのメンバーを気にかけてきた美月さんが最後に望む世界だとしたら、結構しっくりくるのではないか

正直この解釈が正しいのかはわからない
ただこういった角度での捉え方もあるというヒントになればと思い、妄想の域を出ないということを分かったうえで記事に残しておこうと思う

⑤懐かしさがないセットリスト~不思議なバスラらしさ

昨日同様セトリに懐かしさはないしバスラならではという感じも受けなかったが、昨日とは一転なぜか「バスラを見たな」という感慨深さがある

理由としては②~④見どころが散りばめられていたことで感傷的な気持ちになれたことと、あとは単純だが最後のエンドロールが良かったように思う

これで4日間の点がつながり、乃木坂の歴史を振り返ったという実感がわいた

⑥その他雑記

最後にまとめるほどではない雑記を少々記しておく

  • 今日の配信はU-NEXTで見ていたのですが、ちょっと今日は配信止まりがちだった印象。ちょっと止まるのが複数回と、完全停止が2回ほど。しかもそのうち一回が美月MCとかぶるという最悪のタイミング…。初日と二日目は正常に見られたので半信半疑ではあるのだが美月卒コンがこれだとシャレにならないので、次回はHuluに切り替えかなあ。(そもそもチケット当てれば杞憂に終わるのだが…)
  • 『A・Y・A』自分でやっちゃうの可愛い。完全にあーや中毒ですね…。
  • みーきゅんさん、またさくちゃんのお尻触った…?

考察:乃木坂46 12th YEAR BIRTHDAY LIVE (12thバスラ)Day3 2024/3/9

1.全体の感想

楽曲の年代が現在に近づいてきたこともあって、バスラ感こそあまり感じなかったが楽しいライブだった
それほど考察要素もなかったように思うので、今日はさらりと振り返っていきたい

Day2の記事はこちらから
・考察:乃木坂46 12th YEAR BIRTHDAY LIVE (12thバスラ)Day2 2024/3/8

2.セットリスト

こちらのサイトをご参照ください
今日は2018-2020の楽曲で構成されたセトリで、後述するがかなり楽しいセットリストだった

3.振り返りポイント

①懐かしさがないセットリスト~Day2との対比

昨日のDay2は「懐かしいなあ」という印象が強かったが、今日はあまり懐かしい気持ちは感じず普通に楽しいライブだった
(本日現地参戦だったので、現地ならではの高揚感もあってだろうが)

これは楽曲の時代が現在に近づいてきたからというのもあるが、割と直近のライブで披露された楽曲が多いからというのも大きな理由だと思う
表題曲はどうしてもライブで披露されがちだけど、アンダー楽曲もあーやセンターの『自惚れビーチ』やアルノセンターの『誰よりそばにいたい』とかは直近のアンダラで見たのでますますその印象が強くなったのだろう
(まあ名前を挙げた二曲は素晴らしいので、もう一度見られて嬉しい気持ちが強い)

やはりバスラでしかやらないであろうもう少し尖ったセトリが見たかった気持ちもあるが、やっぱり盛り上がる楽曲が多いのでこれはこれで楽しかった

②4期生の覚醒

昨日が3期生の日だったことから予想されてはいたが、今日は4期生の日だった

4期生パートは『4番目の光』『キスの手裏剣』『I see…』の3曲だったが、楽曲の性質も相まって今日イチ盛り上がったように思う

そしてどこがとピンポイントに言うことができないのがもどかしいが、4期生に覚醒し始めた雰囲気を感じた
ここまで私は4期生ひとりひとりはもちろん好きだったが、4期生という集団自体は正直それほど評価していない面があった
それは「継承」をテーマに始まった4期生の経緯があってか、一向に「継承」「フレッシュ」といったどこか新人めいた側面から抜け切れていない印象を持っていたからである

しかし今日の彼女たちは場を盛り上げる力を遺憾なく発揮しており、ついに自分たちの強みを磨き上げたように思う
11thバスラと比較すると一皮も二皮も向けたような印象を受け、この一年間の彼女たちの充実を感じた

11thバスラの記事はこちらから
・考察:乃木坂46 11th YEAR BIRTHDAY LIVE (11thバスラ)Day3 4期生ライブ 2023/2/24

今こそもう一度4期生ライブが見たい
きっとこの上なく盛り上がるライブになると思う

③その他雑記

以下は考察どころか感想にすらなっているか怪しい雑記を書き残しておく

  • 『ファンタスティック三食パン』の飛鳥ちゃんポジをあーやがやっているのははまり役過ぎる。あまりにも違和感なく、なにより可愛い。やはり推しメンは天才であった。
  • みーきゅんが与田ちゃんの指を食べてた…笑
  • 過去写真出るたびにさあちゃんが目に留まって心が苦しい。元気にしているだろうか…。
  • 特に理由はないけど現地参戦する時は西武源田選手のユニフォームを着て参戦するようにしているのだが、今度から菊池風磨のタオルも持っていた方がよいだろうか。どうやら紫色らしいのでカラーリング的にもばっちりだし。

考察:乃木坂46 12th YEAR BIRTHDAY LIVE (12thバスラ)Day2 2024/3/8

1.全体の感想

「ああ懐かしいなあ」
思わずそう口について出るバスラDay2だった

2015年~2017年の楽曲を取り上げた今回は、自分が割と熱心に追いかけて来た時期ということもあり、あのころの彼女たちをありありと思い出すことできた
ここからはいつものようにポイントを絞って考察していきたい

なおDay1についてはあまり深く追えていないので、改めてリピート配信を見て考察記事をアップしたい

2.セットリスト

こちらのサイトをご参照ください
表題曲を中心にバランスよく構成されていたように思う
(ほんとはもっとバスラならではというものも聴きたかったけど、入ってほしい曲が多すぎてどうみても3時間におさまらない…)

3.振り返りポイント

①12thバスラの楽しみ方~それぞれの思い出を胸に

今日のライブをみながら、当時の彼女たちのことを私は何度も思い起こしていた
バスラは他のライブに比べて昔を懐かしむ要素は強いのだが、11thバスラ以前に比べても当時を思い起こす頻度が今回は顕著に多かったように思う

11thバスラの考察記事は↓から

この理由はもちろん2015年~2017年の曲目を固めたことが大きいが、それだけではないと思う
個人的には演出家変更の影響が大きいと踏んでいる

思えば今年は演出家変更以降で初めてのバスラである
振り返ると昨年の夏のツアー以降、演出が薄口になったような感覚がある
夏のツアーでも感じていたが、VTR等で印象深いストーリーを固めていくのではなくパフォーマンスの時間をきちんととり見る者の解釈にゆだねるスタンスなのかなと解釈している

どちらのやり方にも良い面があるので評価は難しいが、今回のバスラは当時の思い出をきちんと振り返ることができた印象はある
特に私は2期生推しだったので、
研修生期間を終え、悩みながらも自力をつけ始めた彼女たちの姿を
2015年に初めての選抜落ちを経験し、アンダーライブやサンクエトワールからもう一度チャンスをつかんだ推しメンの姿を
あのときの悔しさや充実や達成感、いろいろな思い出を懐古することができた

こんな感じでそれぞれの思い出を思い起こしつつ楽しむのが今回のバスラの楽しみ方なのかなと考えている

②3期生の8年間

その中で唯一印象に残るように演出されていたのが、3期生の存在だと思う

最初のVTRから3期生が加入した「8年前」というキーワードが入っていたり、『ハルジオンが咲く頃』『三番目の風』『僕の衝動』と3期生パートはクローズアップされていたように思う

そして今日の一番の見どころは3期生パート明けの『設定温度』だろう
3期生が初めて先輩と歌った楽曲で、1期生→2期生→3期生の順に歌唱パートが回ってくるのだが1期生のところを3期生が歌っているのはあまりにも感慨深い
湯治は先輩に少し遠慮がちに歌っていた彼女たちが、堂々と後輩をリードしていく姿には引き込まれた

3期生の皆さん、これからもよろしくお願いします

考察:乃木坂46 34thSGアンダーライブDay3千秋楽 2024/1/27

1.全体の感想

いわゆるアンダーライブ感こそ薄かったと個人的には感じたが、これはこれでありというようなライブだった
後述するが、センターのアルノの新たな側面が見つかり大変良かったのではないか
実は今回現地観戦かつ結構な良席であったため、正直なところ推しが可愛いが感想の8割以上を占めているが、少しはまともに考察していきたい

2.セットリスト

こちらのサイトをご参照ください

後から振り返ると実にユニット曲を除く本編19曲中17曲がアンダー楽曲と、楽曲としてはかなりアンダー曲に振り切った構成だったのは驚いた
ほぼアンダー曲だけでライブを成立させるってよく考えるとすごいよなあ
それだけ良曲が多いということでしょう

3.振り返りポイント

①アンダーライブ感の薄さについて

こんなアンダー曲に振ったセトリ構成にもかかわらず、良くも悪くもいわゆる「メラメラ」「ギラギラ」といった言葉に代表されるようなアンダーライブ感はそれほど感じず個人的には選抜のライブと人数以外は差異がなかったように思う
(特に近年は選抜ライブ会場のキャパを絞っているのでなおさら)

思い浮かぶ理由としてはこんなとこだろうか

  • トロッコを駆使したり、楽曲リミックスやドラムパフォーマンスなど単純に歌やダンスで魅せるという以外のエンターテインメント要素があったこと
  • あやてぃーマスターのバー設定をはじめとした、寸劇に割と時間をとったこと
  • 上記の結果としてゴリゴリパフォーマンスで魅せるブロックが削られたこと(これはスタ誕ライブをはじめパフォーマンスで魅せるライブを最近見たことでこちら側がクオリティを求めすぎている可能性は否めない)
  • 34thアンダー曲の『思い出が止まらなくなる』の楽曲自体がいわゆるアンダー楽曲の曲調と180度違う

そもそも選抜-アンダー間の流動性があまりなくなっている現状を鑑みると、初期の悔しさをぶつける場としてのアンダラと現在のアンダラはもはや別物としてとらえるのが正解なのかもしれない
実際にアンダーライブらしいと感じるアンダラは久しく見ていない気がする

②中西アルノについて

散々アンダーライブらしくないと書いてきたが、実はこと今回に限ってはこの内容で良かったのではないかと思う
語るうえでキーマンとなるのが、座長・中西アルノである
個人的には今回のアンダラは言ってしまえばアルノのためのライブといっても良いほどだと思っている

思えば彼女にとってはなかなかハードな二年間であったように思う
類まれな歌唱力を持っていた彼女はパフォーマンスを武器に、乃木坂をぶっ壊す刺客としての役割を与えられた
※詳細な考察は下記の記事を参照
・2022/2/23 10th Anniversary 乃木坂46時間TV スペシャルライブ
その後のアンダーライブやスター誕生ライブでも圧倒的なパフォーマンスを武器に見せ場をつくってきた2年間だったように思う

それゆえに彼女=パフォーマンスのイメージが強くついてしまった
もちろんこれ自体は悪いことではないのだが、少なくとも私は彼女のパーソナリティをあまり深く知る機会が多くなくなってしまった

今回座長に抜擢された割にパフォーマンスで魅せる機会は決して多くなかったように思う
むしろジコチュープロデュースのコーナーや『〜Do my best〜じゃ意味はない』があったあたり、前回の方が見せ場は多かったのではないかとすら覆う
逆に解釈すればパフォーマンスに逃げることを許さない構成だったのが今回のアンダーライブであったように思う

そのため彼女は自分の言葉で伝えるしかなかった
正直思ったよりもつたなく、飄々としたイメージとは全く違ったがボロボロになってでも乃木坂が大切であることを伝える彼女の気持ちだけはよく伝わったと思う

アルノがいい意味でパフォーマーでなく、アイドルに生まれ変わる瞬間を見られたことがこのアンダラの何よりの収穫だったように思う

③今後のアンダーライブについて

今回のアンダーライブはこれはこれで良かったという感想を私は持っているが、かつての熱さとは性質を異にするアンダーライブは今後どのように展開していくのかは気になるところである
アルノは前回の史上最大のアンダーライブというキャッチフレーズにかけて「史上最高を更新し続ける」と思いのたけをぶつけていたが、どのように選抜のライブと差別化し勝負をしていくのだろうという疑念は残る

ただもしかすると今回のアルノのためのアンダーライブというのはフラッグシップとなりうる事例かもしれない
アンダーライブは少人数なので今回アルノにスポットライトを当てたように座長に徹底的に寄り添うライブというのは一つの解となる可能性はある

いずれにせよ熱さだけを求めるアンダーライブから変化していくのではないかと私は考察しており、今後とも注視していきたい

2023年のおすすめライブ

はじめに

あけましておめでとうございます
今年も節目として、2023年のライブの中でも筆者が特によかったと思うものをランキング形式でまとめておく
今後円盤化や配信が行われた際に参考にしていただければ幸いです

なお今回は万人におすすめではないけどあまりに刺さりすぎたライブがあったので、1〜3位プラス特別枠という形でまとめていく
ちなみに2021年版・2022年版はこちらにまとめているので、よかったら読んでやってください
・2021年のおすすめライブ
・2022年のおすすめライブ

第3位:5/17-5/18 乃木坂46 齋藤飛鳥卒業コンサート

大エース・飛鳥ちゃんの卒コンを第3位とさせていただいた
考察要素はそれほど多く無いライブだったのでやや低めにしてしまった印象があるが、飛鳥ちゃんの魅力を全部出し切った良い卒コンだったと思う
なにより『人は夢を二度見る』とラストのななみん卒コンオマージュは感涙を禁じ得ない

レビュー記事はこちらから
・考察:乃木坂46 齋藤飛鳥卒業コンサートDay1 2023/5/17
・考察:乃木坂46 齋藤飛鳥卒業コンサートDay2 2023/5/18

第2位:12/17-12/18 超・乃木坂スター誕生!LIVE

昨年に引き続き、邦楽史上の名曲をカバーしたこちらのライブが第2位にランクイン
個人的な好みの色は強いが、それでも曲を通した盛り上がりという点ではやはり抜群である

さらに昨年の『新・乃木坂スター誕生!LIVE』と比較することで5期生の1年間の充実がわかる点でも本当に良いライブだった
特にDay2昼公演の『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』は乃木坂史上有数のパフォーマンスだと思うので必見

レビュー記事はこちらから
Day1
・考察:超・乃木坂スター誕生!LIVE Day1 2023/12/16
Day2昼公演
・考察:超・乃木坂スター誕生!LIVE Day2昼公演 2023/12/17
Day2夜公演
・考察:超・乃木坂スター誕生!LIVE Day2夜公演 2023/12/17

第1位:2/25 乃木坂46 11th YEAR BIRTHDAY LIVE (11thバスラ)Day4 3期生ライブ

堂々の一位は11thバスラから3期生ライブとさせていただきました
卒業がらみではない平場のライブではあったのだが、とにかく熱量がすごかった

世代交代を目の前に控えた3期生の覚悟が伝わる、これぞライブの醍醐味という内容だった
4期生や5期生のファンの方はもちろん、1期生・2期生推しの人も満足するに違いないので是非一度ご覧いただきたい

レビュー記事についてはこちらから
・考察:乃木坂46 11th YEAR BIRTHDAY LIVE (11thバスラ)Day4 3期生ライブ 2023/2/25

特別枠:3/28 乃木坂46 鈴木絢音卒業セレモニー

思い入れがあまりにも強い卒コンだったため、ほかのライブと同じ土俵で語るべきでないと思うので特別枠とさせていただきます
それでも2期生推しとしては希望を抱くことができた、感謝してもしきれないライブだったのでどうしても書き残しておきたかった
不遇と言われた2期生がこんなきれいな最後を迎えられたのは本当に良かった

レビュー記事についてはこちらから
・考察:乃木坂46 鈴木絢音卒業セレモニー(卒コン) 2023/3/28

最後に

ここに選ばれなかったものにもかなり良いライブがあったので、2023年は選ぶのに苦労した
特に「私たちが乃木坂46です!」と高らかに宣言した神宮最終日や、史上最大のアンダーライブは印象深い
2024年も引き続き追いかけていきたい

考察:超・乃木坂スター誕生!LIVE Day2夜公演 2023/12/17

1.全体の感想

夜公演も残念ながらチケット取れず配信参加となったが、本当に楽しく内容が濃かった3日間だった
いつものようにポイントを絞って考察していきたい

なおDay1、Day2昼公演と重複する考察内容は省略するので、良かったら併せて読んでやってください
Day1の記事ではスタ誕全体についても考察しています
・考察:超・乃木坂スター誕生!LIVE Day1 2023/12/16
・考察:超・乃木坂スター誕生!LIVE Day2昼公演 2023/12/17

2.セットリスト

こちらのサイトをご参照ください
昼公演まで同様『超・乃木坂スター誕生!』内でカバーした人気曲、第二部で乃木坂の曲をパフォーマンスする構成が基本だが、ところどころにスキッツ要素としてミニコントが散りばめられていた

今回の3公演通して、『好きすぎて バカみたい』見られなかったのはかなり残念だった
なぎ・さつき・みくちゃん・あーやのバチバチ高めあう感じ好きだったんだけどなあ
あとは『おジャ魔女カーニバル!!』とかも見たかったなあ…

3.振り返りポイント

①スター誕生パートについて

夜公演だけでなく3公演通じてだが、とにかく内容が濃かった
以下軽く感想を振り返っていきたい

  • いおちゃん…うまいおき師匠がいい感じにうざかった。この人も割とウざむらいに切ってもらいたいタイプなきが…笑。
  • てれぱん…『God knows…』えらいテンション高かった。楽しそうな顔が見られて何よりだった。
  • みくちゃん…『レイニーブルー』が男性曲バラードで、昨年歌っていた『最後の雨』と重なる部分があるだけにわかりやすく成長を感じられた。1年前小鹿のように震えてたみくちゃんが、あんなに堂々と歌うなんてアイドル応援しててよかったなあと感じる瞬間ですよねえ。
  • なぎちゃん…あれだけ難しい『アイドル』歌いこなせるのは素直にすごい。個人的にはこの曲の印象は美月なんだけど、なぎちゃんも似合うね。
  • おかひな…今年の『女の子は泣かない』に昨年の『VALENTI』もそうなんだけど、強くあろうとする女性がすごく似合うね。それに反してしゃべるとふにゃふにゃだったり、歌うと手が震えちゃうのもギャップがあって良い。
  • あーや…今回もあやめちゃんと『遠い街のどこかで…』歌っていたりとか、3公演通じて本当に大活躍だった。あーやが天下とる日はすぐそこだろう。
  • いろはちゃん…なんでも歌えるいろはちゃんだけど、のびやかでまっすぐな声は『なんでもないや』だとわかりやすく生きるね。
  • さくたん…夜公演はソロ歌唱こそなかったので、第一部では正直それほど印象が…。ただ第二部での『17分間』の煽りは完全に板についてきたし、盛り上がる曲なのでまたライブで見てみたい。
  • 小吉…オズワルドさんにもいじられてたけど、5歳児にバブ美に『GLAMOROUS SKY』ってどんな振り幅なのよ…。個人的に『GLAMOROUS SKY』めっちゃ好きなんだけど、退廃的でロックな雰囲気が出ててオンエアの時より格段に良くなっていたと思う。夜公演では僕は一番好きだった。
  • アルノ…伊藤さんも言及してたけど『接吻 kiss』を歌いこなせるアイドルはまじて唯一無二。気だるい雰囲気をまとう彼女は事前の宣言通り会場を支配していたと思う。あといろはちゃんに『なんでもないや』歌わせたのはナイス采配。本当にいろんなメンバーのプロデュースしてほしいわ。
  • あやめん(スペシャルゲスト)…ツンデレキャラ流石に似合っていた。できればかつ家のあの子の「バーカ」聞きたかったなあ。あーやとの『遠い街のどこかで…』はただただ平和な世界観だった。

② 一ノ瀬美空について

新参者あたりから本当に5期生のMCが面白くなったと思う
正直今や乃木坂期別でも一番と言っていいほどだと思う

そしてその背景には彼女の影響が本当に大きいと思う
暴走気味にあーやを始めとした他のメンバーを愛でる「やばい」キャラが前面に出てきて、それを他のメンバーが邪険に扱うという定番の流れができてきたのは強い
よく似てると初期から言われてきたけど、いよいよかつての真夏さんやさゆりんごの領域に踏み入れたと思う
欲を言えばこれが先輩にもできるようになると全体ライブがもっと面白くなるんだけどなあ…

ただ彼女の魅力はこれだけではなく、昼公演で泣いちゃったあーやを支える頼もしさや『レイニーブルー』で見せた儚い雰囲気まで本当に見ていて飽きないアイドルだと思う
ますます彼女から目が離せない

③リピート配信について

唯一不満があるとしたら、リピート配信が当日っていうことだけはこれはどうにかならんかったのかな
なかなか都合もつけにくいし、昼公演→昼リピート配信→夜公演→夜リピート配信とみるとほぼぶっ続けで12時間見ることとなる…
特に今回は後半の乃木坂ライブのセトリがほぼ変わらんので、流石にだれるよね…